妊娠初期である2ヵ月目のプレママ妊婦さんの症状について

月経が1週間以上遅れるともしかして、妊娠かなって思って、妊娠検査薬を使って陽性反応が出て妊娠に気付く時期なのが、大体妊娠2ヵ月目に入ったところですね。この妊娠2ヵ月目であるプレママの症状についていくつか解説をしていきます。

妊娠2ヵ月目のプレママの症状

 月経がこなくなる

 

当然のことですが、妊娠すると、月経がこなくなります。月経が遅れることによって、妊娠に気付く人がほとんどです。生理がこない=妊娠を疑ってみるようにしましょう。

 

 少量の出血がある

 

生理の予定の自慰ですが、月経の始まるの本の少しの出血があります。これを着床時出血といいます。着床時出血と月経を間違ってしまうプレママさんも意外と多いのです。いつもより、出血が少なかったり、いつもとなんか違った感じがしたら、すぐに妊娠検査薬でチェックするようにしましょう。妊娠すると薬の内服なども気を付けることもありますので、早く妊娠に気付くようにしましょう。

 

 体がだるい、熱っぽい

 

お腹に赤ちゃんができる=妊娠。妊娠するといつも以上に体がだるくなったり、熱っぽい症状がでてきます。これは、何が原因かというと、いつも以上に女性ホルモンの分泌量がアップしているからです。

 

 すごく眠たい

 

昨日しっかり寝たのに…いつも以上に眠たい症状が妊娠するとでてきますし、妊娠初期症状の一つです。熱っぽくていつも以上に眠い場合は妊娠しているかもしれません。

 

 早い人でつわりが来る人も

 

つわり症状がくる時期ですが、個人差がありますが。大体2ヵ月目をすぎたあたりから、つわり症状が出てきます。早い人で、2ヵ月に入ったときにくる人もあります。つわり症状があればほぼ妊娠しているので、検査薬を使いましょう。

 

妊娠すると、上記のような症状があります。もし、まだ、妊娠検査薬を使って検査していない場合は、上記の症状があれば、すぐに検査するようにしましょう。

 

妊娠初期に気を付けたいことややっておきたいこともありますので、早めに妊娠に気付くようにしましょう。